エムエムインターナショナルなら、よくわかる。よく伝わる。
翻訳している言語と文書    

エムエムインターナショナルでは、翻訳対象の言語として、英語、ドイツ語、日本語を取り扱っています。
翻訳対象の文書は、マニュアルや取扱説明書から、カタログ、会社案内、特許明細書、契約書、技術資料、論文、プレゼンテーション、定款、広報、ホームページ、ビデオスクリプト、レターなどがメインです。

   
     
特に、ドイツ語では    

エムエムインターナショナルは、横浜市都筑区の港北ニュータウンにあります。近隣には、新横浜、東京横浜独逸学園、さらには横浜みなとみらい21もあり、ドイツ語圏の国々の企業も多く集まっています。ドイツ語に関わる翻訳を数多く手がけてきました。

ドイツ語圏の国々では、一般に、最初にドイツ語で文書を作成し、英語に翻訳していますが、出来上がった英文は、必ずしもわかりやすいものでなく、“ドイツ語ベースの英語”になっていることがあります。
エムエムインターナショナルでは、そのような文書の処理にも豊富な経験があります。また、経験が豊富だからこそ、翻訳のご依頼も多くなるのでしょう。ネイティブスピーカーでない人が英訳した文書を日本語に翻訳するにあたっては、正確を期すため、参考用にドイツ語原文や関連資料をお借りすることもあります。この場合でも、追加の費用は発生しません。

   
     
レイアウト/HP/DTP    

英文の取扱説明書の翻訳では、たとえば、Wordで作成された文書を上書きして翻訳しています。このような翻訳では、和文の文書として適切な体裁にするため、レイアウトの微調整などが必要になります。 企業のホームページなどは、そのまま翻訳して国内向けにしても、違和感や異質感が残る場合があり、微調整が必要になります。
文書の上書き翻訳は、FrameMaker、PowerPoint、InDesign、Excel でも可能です。

PDFデータしかない場合、編集ソフト(Word、FrameMakerなど)を使って、新規レイアウトの作業もしています。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

   

   
     

Copyright (C) 2017 MM International All rights reserved. Photo: Yokohama Red Brick Warehouse